健康な爪へのケア|育爪開始から2週間

『美意識は爪に出る』

この言葉を信じている管理人です。

こちらの育爪の本を読んでから、健康で美しい自爪になるべく「育爪」と「育爪日記」を実践中です。

と言ってもまだ、2週目を終えたばかり。

この2週間は育爪オイルもなく、効果がないと思いながらも気休めよしてワセリンを塗布していた私。

しかもやはり1日に5回もハンドクリームすら塗る習慣がなかった私は、1日に1回も塗ることができない日もあったくらい。。。

 

ってことで、変化があるとは思えませんが、2週目を終えてもビフォアアフターをまずご紹介します。

2週間での変化

まず、現在の爪▽▽▽

2週間前の爪がこれ▽▽▽

光の関係もあり、違いがよくわかりませんね(笑)

前回と今回のカット後▽▽▽

うん。

やはり、違いはわかりませんね(笑)

やはり、オイルなくして、変化はないですね。

日常生活の爪の使い方に難あり

見た目の変化こそありませんが、爪を丁寧に手入れしている分、日常生活の中で爪を意識する機会が増えました。

爪を意識する中で気付いたこと。

 

「私って、爪を酷使している~!!!」

 

何かを開けるとき、爪であけようとしている~!

かゆいところ、爪立てて掻いている~!

 

指先というより、爪先で作業してしまっているんだな。。。と凄く実感しました。

健康な爪でいるために避けるべきNG行動

育爪の本にも少し書いてありましたが、健康な爪を育てるには、爪の酷使はNGです。

  • 洗い物は手袋をはめる
  • 袋のパッケージを開けるならハサミをつかう
  • 缶の蓋を開けるならオープナーやスプーンをつかう

等々、爪ではなく、道具を駆使して行う習慣を身につけることが大切です。

 

ついつい面倒くさくなって爪でやってしまいがちですが、この面倒くさいという発想がそもそもダメですよね(笑)

 

爪を意識して物を持つだけで手の仕草が女性らしくエレガンスになると言われているので、好きな男性が影から見ているとイメージして、手先の動きを意識していこうと思います!

 

変化はありませんでしたが、少しずつ手先の使い方が器用になってきている気がした管理人でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です