育爪の必須アイテム=ネイルオイル|セサミユイールを購入した感想レポ

『美意識は爪に出る』っという言葉を実感し、つくられた美しさ(マニキュアやジェルネイルetc)ではなく、自爪を美しくしたいと思い、“育爪”を実践中の管理人ココシャネルです!

本日は、育爪の必須アイテムであるオイルを本家本元の育爪サロンで購入しましたので、感想をレポしたいと思います。

私が購入したのは、サロンで2種類扱っているうちの1つ『セサミユイール』です♪

漏れて送られてくる可能性

商品を注文したのが金曜の夕方で、商品が到着したのが月曜の夕方でした。

土曜の夕方に、商品を発送したと旨と出荷番号のお知らせメールが届き、安心して買い物をすることができました。

 

発送方法は安価なネコポスにしたのですが、こんな感じで届きました。

購入前の注意点に“化学合成物質や添加物を一切使用していないため気温の変化によりキャップがゆるみ、まれに中身がほんの少し漏れている場合があります”と記載があったのですが、今回は全くそのようなことはありませんでした。

丁寧に梱包されていました。

img_0596.jpg

商品の取り扱い説明書も付いていました。

内容は、ホームページに記載されているものと同じようでした。

“ドロップ容器”と書かれていたので、どのような容器なのかと思っていたのですが、目薬のような容器でした。

これなら1滴ずつ垂らすことが可能ですね♪

匂い、べたつき

実際に使ってみました。

匂いは、全くありませんでした。

ごま油の匂い、するのかと思った(笑)

 

べたつきは塗った直後はありますが、すぐに浸透していく感じがあります。

手についた分は、水を1滴混ぜるとスーッと伸び、これまたすぐに肌に馴染んでいきます。

 

天ぷらや炒め物の油と同系統をイメージしていた私でしたが、全く違いました(笑)

気に入った!!!

 

容器の魅力

育爪のサイトでは、容器をこのように説明しています。

セサミユイールは、ドロップ容器でオイルを爪の裏側に垂らし、爪の側面や生え際に流し込むようにして塗ります。このため、ロールオンや刷毛、ネイルクリームでは届きづらい部分にまでオイルが浸透しやすいです。

また、一滴ずつ垂らす非接触方式なので容器の先端を爪や皮膚と接触させる必要がなく、不純物や雑菌がオイルに混入するのを最小限に抑えることができます。

ドロップ容器はオイルの衛生と品質を保つことに貢献します。

確かに~!っと納得の管理人です。

もしこれが塗るタイプだったら、指先や爪先に触らないといけないから、防腐剤が入っていない無添加のこの商品じゃ、不衛生極まりない!

そして、先端が細いから目指した所に垂らしやすく、利便性にとても優れていました!!

 

よ~し!

育爪1週目・2週目は、オイルがなかったので(変わりになっていたのかいないのかすらわかりませんが)ワセリンを塗布していた管理人!

爪を整えた3週目は、こちらのオイルを使用して、育爪を楽しんでいきたいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です